正美樹の読書・音楽日記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『流星の絆』第1回を見る……シリアスなのか?コメディなのか?……やっぱり主題歌は嵐か……

<<   作成日時 : 2008/10/18 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

流星の絆』第1回を見る。

原作は東野圭吾、脚本は宮藤官九郎。

主演は二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香。

ドラマ『ガリレオ』の原作でも話題になった直木賞作家東野圭吾の作品を、あの宮藤官九郎が脚本を書くってことで話題になっていたドラマ。今回のドラマの中では1番っていうくらい注目していた作品。

やっぱり宮藤官九郎かぁ……。これが第一印象かな。原作を読んだ訳ではないのだが、今までの東野圭吾の作品の傾向からしてあのコメディ色はないはず。おそらく3人の兄弟が詐欺を働くっていうのはあるだろうけど、ストーリー的には結構シリアスな感じだろうね。それが宮藤官九郎の脚本にかかると、あぁ〜〜なってしまうわけだ。

苦笑……。

画期的と言えば、画期的なのかなぁ〜〜。

いやぁ〜〜、思わず笑ってしまったんだけどねぇ。だけど、あのコメディを見せられてからシリアスなシーンを見て、シリアスな雰囲気で見られるか?っていうとちょっと無理だよねぇ〜〜。ちょこちょこと小ネタを挟んでくるのも宮藤官九郎っぽい。だから、全体的にコメディ感が漂ったドラマに映ってしまった。そもそもが両親が殺されて、その犯人を自らの手で殺そうと決意している兄弟たちの物語でしょ。なんかこんな風に描いてしまっていいのか?って逆に心配になってしまう。

原作を読んだ訳ではないのだが、個人的にはもう少しシリアスな感じの方が雰囲気として似つかわしいような気がした。

気になったと言えば……ドラマの主題歌。嵐のようだ。常にセット販売のように流れるが、正直“またか……”って思った。まっ、大人の事情なんだろうなって思うだけなんだけど。

原作の方はいつか読もうとは思うが、少なくともドラマが終わってからだろうな。下手に読んでしまうと、純粋にドラマが見られなくなる可能性がある。慌てないことが肝心、肝心。


流星の絆
講談社
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『流星の絆』第1回を見る……シリアスなのか?コメディなのか?……やっぱり主題歌は嵐か…… 正美樹の読書・音楽日記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる